• CITY POP UNDERGROUND VOL.4

    feat. 一十三十一

  • 11/29(SUN) at 福岡 STEREO side-b

    ライブとトークショウで彩るデイタイムの1部と、DJパーティーで盛り上がるナイトタイムの2部制です。

  • 一部 -LIVE&TALK SESSION-

    OPEN 15:00
    CLOSE18:00

    TICKET:3000円 1ドリンクオーダー(50枚限定)

    LIVE:HITOMITOI CLUB SET(w/KASHIF,Mr.Melody),ないあがらせっと,NAKAKOH

    TALK SESSION:一十三十一w/ドリンクバー凡人会議,クニモンド瀧口

    DJ:フリップ竹内
     
    *ケータイのメールアドレスで予約をご登録の方は、確認メールがはじかれることがあります。フィルターの設定をご確認ください。

  • 二部-CITY POP DJ PARTY-

    OPEN 19:00
    LIVE START 22:00

    TICKET:2000円 1ドリンクオーダー

    LIVE:HITOMITOI CLUB SET(w/KASHIF,Mr.Melody)

    GUEST DJ:クニモンド瀧口,常盤響

    DJ:渡辺祐介,河津継人,河津かおり,井上雄介,瀬尾玲,児玉太樹,フリップ竹内
     
    *ケータイのメールアドレスで予約をご登録の方は、確認メールがはじかれることがあります。フィルターの設定をご確認ください。

  • 一十三十一 / hitomitoi

    札幌出身。2002年「煙色の恋人達」でデビュー。“媚薬系”とも評されるエアリーでコケティッシュなヴォーカルでアーバンなポップスを展開。リードヴォーカルをつとめるネオ・ドゥーワップバンド「JINATANA & EMERALDS」1stアルバム『Destiny』が、MUSIC MAGAZINE誌“ベストアルバム2014 J-POP/歌謡曲部門”の1位に選ばれる。またCM音楽やナレーションなど様々なフィールドで活躍中。Billboard Recordsより、フルアルバム 『CITY DIVE』『Surfbank Social Club』『Snowbank Social Club』、ミニアルバム『Pacific High / Aleutian Low』、邦楽カヴァーアルバム『YOUR TIME route 1』をリリース。今秋、1年9ヶ月振りのニューアルバム『THE MEMORY HOTEL』が発売される。

  • 2015年10月21日リリースのフルアルバム『THE MEMORY HOTEL』

    記憶の砂漠を彷徨う女。奇妙なホテル。誰かのシルエット。扉をひとつずつ開くように、­音楽は、いつか見たあの場所に誘う。一十三十一、1年9ヶ月ぶりのオリジナル・フルア­ルバム。クニモンド瀧口、Dorian、カシーフら、おなじみのクルーに加えて、LU­VRAW、Crystal、mabanuaらも参加。さあ、一十三十一と時の回廊を抜­け、ミステリアスな旅へ。

  • DJ

    クニモンド瀧口

    流線形
    個人プロジェクト流線形は、2003年発表の『CITY MUSIC』をきっかけに、DJやレコード蒐集家など、ヘビー・リスナーから話題を集める。文化デリック(故川勝正幸氏+下井草秀氏)等が選考する『ポップ・カルチャー・アワード2006』の「音楽部門BEST1」を受賞。比屋定篤子とのコラボレーションアルバム『NATURAL WOMAN』発売後、ビルボードライブ東京、大阪の公演を行う。2012年発売、一十三十一『CITY DIVE』のプロデュースがきっかけで、シティポップブーム再燃に一役買う。楽曲提供、アレンジ、プロデュース、DJ、CM音楽制作、ディスクガイドの執筆など、音楽を中心に幅広く活動。http://cunimondo.com/

    常盤響

    1966年東京生まれ。福岡在住。
    80年代半ばからバンド活動の傍ら雑誌を中心にライター、イラストレーターとして活動を開始。90年代に入りヤン富田氏の依頼でASTRO AGE STEEL ORCHESTRA『ハッピー・リビング』のデザインを手がけたことによりCDジャケットを中心ににデザインを始める。1997年旧知の作家、阿部和重氏の依頼で『インディビジュアル・プロジェクション』を装丁。この装丁のためカメラを購入し初めて写真を撮った事がきっかけでフォトグラファーとしての活動を始め、既存の概念にとらわれない作風で人気を得る